14日間返品無料キャンペーン<詳しくはこちら>
0 カート
カートに追加しました
    この商品をカートに追加しました。
    1 個の商品をカートに追加しました。
      合計

      ドローンなしで
      安全・手軽に最大7.5mの
      ハイアングルから高所撮影

      ドローンなしで
      安全・手軽に最大7.5mの
      ハイアングルから高所撮影

      ドローンなしで
      安全・手軽に最大7.5mの
      ハイアングルから高所撮影

      ドローンなしで
      安全・手軽に最大7.5mの
      ハイアングルから高所撮影

      ドローンなしで
      安全・手軽に最大7.5mの
      ハイアングルから高所撮影

      ドローンなしで
      安全・手軽に最大7.5mの
      ハイアングルから高所撮影

      Bi Rodの特徴

      Feature of Bi Rod

      01

      ドローン使用許可(規制)や
      天候に縛られず、
      手軽に俯瞰撮影ができる

      ハイアングルからの撮影方法で真っ先に思い浮かぶのがドローンですが、ドローン使用には規制や天候など様々な制限があります。Bi Rodなら、人混みでの使用・雨天での使用も可能であり、より柔軟に、手軽にハイアングルからの作品撮影が可能です。使用方法も簡単なため、機材さえ揃えばすぐに始められます。

      02

      軽量・丈夫で
      安定した撮影が可能

      Bi Rodはフルカーボン/グラスファイバーの剛性が高い材質を採用しています。特に、おすすめモデル(フルカーボン製)は、しなりが少ない上に軽量なため、より高品質な撮影を実現することができます。

      参考重量:約1.6kg (Bi Rod / フルカーボン製/7.5m/製品のみ)

      03

      伸縮自在、専用ケースで
      簡単に持ち運びできる

      撮影時の機材運搬はクリエイターの皆様にとっての大きな課題の1つです。「できる限り軽量で、持ち運びやすく」というご要望にお応えし、Bi Rodにはショルダーベルト付きのハードケースが付属しております。他の撮影機材と合わせて、簡単に持ち運びができます。

      ドローンとBi Rod の比較

      Drone VS Bi Rod

      従来はドローンでしか実現できなかった「高所からの撮影」を、より手軽に使えるBi Rodで実現できます。

      従来はドローンでしか実現できなかった「高所からの撮影」を、
      より手軽に使えるBi Rodで実現できます。

      使用機材

      連続使用時間

      5分〜25分程度
      (機種による)

      カメラのバッテリー
      連続使用時間

      使用可能時間帯

      日中 (日出から日没まで)

      制限なし

      距離

      人(第三者)または物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること

      制限なし

      場所

      祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと

      制限なし
      ※Wi-Fiが届く距離

      おすすめ

      より高度(7.5m以上)から空撮をしたい方 ドローン操作技術を既に持っている方

      手軽に擬似空撮(最長7.5m)を始めたい方 初期費用・学習コストをかけたくない方

      使用機材

      連続使用時間

      5分〜25分程度(機種による)

      カメラのバッテリー連続使用時間

      使用可能時間帯

      日中(日出から日没まで)

      制限なし

      距離

      人(第三者)または物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること

      規制なし
      ※Wi-Fiが届く範囲

      場所

      祭礼、縁日など多数の人が集まる
      催しの上空で飛行させないこと

      特に規制なし
      ※ただし事前に撮影場所に確認してください。

      使用環境

      催しの上空で飛行させない雨天NG
      風のある日は飛行できない可能性

      雨天・水中OK
      ※風には注意

      おすすめ

      より高度(7.5m以上)から空撮をしたい方
      ドローン操作技術を既に持っている方

      手軽に擬似空撮(最長7.5m)を始めたい方
      初期費用・学習コストをかけたくない方

      ドローンでしか撮影できない高度がある一方で、7.5m(Bi Rodの最長モデル)までの高度であれば、  環境に左右されにくく、規制の対象にもならないBi Rodでの撮影がおすすめです。

      ドローンでしか撮影できない高度がある一方で、7.5m(Bi Rodの最長モデル)までの高度であれば、  
      環境に左右されにくく、規制の対象にもならないBi Rodでの撮影がおすすめです。

      Bi Rodの使い方

      How to use?

      01

      必要なものを準備する

      必要なものはスマートフォン/通常のカメラ機材/Bi Rodのみ。最小限の荷物で高所点検が可能です。

      スマートフォン(タブレット)

      カメラとのWi-Fi接続ができるデバイスをご準備ください。

      カメラ

      Wi-Fi機能を搭載したカメラが必要です。詳しくはこちら

      Bi Rod本体

      目的に合わせた長さの本体をご準備ください。三脚があるとより便利です。

      02

      Bi Rodにカメラをセットし、スマホとカメラをWi-Fi接続する

      カメラの取付

      三脚穴のあるカメラであれば、そのまま取り付け可能です。詳しくはこちら

      Wi-Fi接続

      カメラとスマホの直接接続のため、別途通信環境は不要です。詳しくはこちら

      03

      実際に撮影する

      撮影

      長さ調節

      BiRodを使用した撮影作品例

      Bi Rod Gallery

      ©Kimura Takuma

      おすすめ商品

      Recommended Items

      おすすめ

      フルカーボン製 / 7.5m

      Bi Rod 6C-7500+専用三脚セット
      ¥64,800(税抜)

      高強度

      ハイエンドモデル

      フルカーボン製モデルは、最高クラスの軽さと安定性(強度)を実現しています。長く伸ばしても安定して撮影でき、より高度な撮影を求める方におすすめです。

      グラスファイバー製 / 7.5m

      Bi Rod 6G-7500+専用三脚セット
      ¥30,100(税抜)

      お手頃

      エントリーモデル

      グラスファイバー製モデルは、フルカーボン製に比べて安定性(強度)に劣るものの、よりお手頃にご購入いただけるため、初心者の方におすすめです。

      水中撮影・水中点検を
      もっと便利に、自由に

      Bi Rod の高所撮影

      Bi Rod × Wireless Lineで水中撮影

      詳しくはこちら

      よくあるご質問

      FAQ

      C(カーボン)とG(グラスファイバー)でしなり具合はどの程度違いますか?

      かなり違いが生じます。
      風が吹かない環境下(室内)でもグラスファイバー製品タイプは左右に30㎝ほど揺れるため、大きくしなります。揺れが気になる方、最長の7.5mで安心してご使用されたい方はカーボン製品タイプをオススメいたします。

      長さのラインナップは何mがありますか?今後増えますか?

      現在販売している商品は2m、4.5m、7.5mの3タイプとなります。
      現在お取り扱いはございませんが、10-12mタイプの製品を現在開発中です。 (2020年夏頃の発売予定)

      スタビライザーやジンバルは搭載できますか?

      耐荷重内であれば搭載可能です。
      2mタイプ:1kg以下
      4.5mタイプ:500g以下
      7.5mタイプ:300g以下となります。

      使用できるカメラの重さはどのくらいですか?一眼レフは使用できますか?

      耐荷重以下であれば一眼レフカメラも使用できます。
      2mタイプ:1kg以下
      4.5mタイプ:500g以下
      7.5mタイプ:300g以下となります。

      おすすめのカメラを教えてください。

      高所点検用途であれば一般的なコンパクトデジタルカメラをおすすめします。現場でハードに使うのであれば耐久性があるモデルが良いかもしれません。Wi-Fiなどの接続でスマホから操作ができる機能が必要です。
      こちらの記事もご参照ください【解説記事Bi Rodにおすすめのカメラ】

      Bi Rod Storeは
      購入から14日間
      返品可能

      Bi Rod Storeは
      購入から14日間返品可能

      Bi Rod Storeで購入した商品は購入から14日以内に限り返品可能です。

      ・強度や重さに不安があるが、大丈夫?
      ・持っているカメラとの相性は良いのか?
      ・実際に撮影してアングル・使用感を見てみたい

      こんな疑問・不安は是非お買い上げの上お試しください!