translation missing: ja.general.accessibility.skip_to_content
Bi Rodの使い方【Wi-Fi接続して撮影しよう】

Bi Rodの使い方【Wi-Fi接続して撮影しよう】

こんにちわ、最近サウナにはまっているスタッフ城ヶ崎です。

前回は「Bi Rodとカメラの取り付け方」を特集しましたが、今回は

「カメラとスマホのWi-Fiを接続して撮影しよう!」という記事です。今回も基本的なことなので「そんなこと知っているよ」という方はどうぞ読み飛ばしてください。

______________________________

では、大事なことを最初にお伝えします。

最長7.5mの長い一脚「Bi Rod」で写真を取るには「Wi-Fi搭載カメラ」がないと撮影・操作ができません!

はい。なぜ操作ができないかというと、人間は7.5m上空のカメラに触れてシャッターを切ったりモニターを見ることが出来ないからです。

つまり 「Bi Rod」は 「Wi-Fi搭載カメラ+スマホ」ありきの製品なのです。※大きい画面で操作したい場合はiPadなどのタブレットで使用することもできます。

スマホはお持ちの方が多いかと思いますが、「Wi-Fi搭載カメラ」とはなんぞや?という方も多いかと思います。そんなときは電量販店の店員さんに聞いてみましょう。優しく質問に答えてくれるはずです。最近は1万円以下で買えるリーズナブルな機種も多いです。

ちなみに「Wi-Fi」は「ワイファイ」と読みます。「ウィーフィー」ではありません。

「いろいろ買ったり、設定するのは面倒だなぁ」というそこのあなた。そんな方ににオススメなのが当社から販売されているカメラ+タブレット付きセットモデル「Bi 見逃サーズ」。撮影に必要なすべての機材が同梱されているのですぐに使用できます。

話を戻します。

これはよくある質問のひとつなのですが、Wi-Fi搭載カメラを使用する場合、Wi-Fi 接続は直接カメラとスマートフォンが通信してデータなどのやり取りをします。したがって別途インターネット通信などは必要ありません。

Wi-Fi搭載カメラとスマホさえあれば接続できます。

カメラを高所Wi-Fi接続する図

とっても簡単ですね。

特殊な事例ですが、イベント会場など多くの電波が飛ぶ場所ではカメラのWi-Fiが他の電波と混線してしまい、うまく接続できないことがあります。事前に撮影場所の電波環境を確認することをおすすめします。

※当社でテストしたWi-Fi搭載カメラ数種類では、屋外などの電波が多くない環境では7.5m 離れていても問題なく接続できましたが、カメラの性能や周囲の環境にも左右されますので、詳細は各メーカーのカメラの仕様(通信可能距離)をご確認ください。

 

カメラとのスマホのWi-Fi接続は各カメラメーカーが配布している専用アプリで行います。カメラの説明書を読んで設定しましょう。

 

無事に接続されたことが確認できたでしょうか?

ここまでできたらもう大丈夫。目的の高さまで棒を伸ばして撮るだけです。

伸ばして〜伸ばして〜

最後に一つだけ注意点があります。Bi Rodの継ぎ目にはストッパーがありません。これは取り外してメンテナンスをしやすくするためです。下の方に赤い目印があるのでその線を超えないように慎重に伸ばしてください。

 抜けてしまう

(赤い線を超えないように!) 

しかし何が起こるかわからないのが人生。備えあれば憂いなし。実はBi Rodの継ぎ目にはワイヤーを通す穴があるんです。リスクを抑えたいあなたはこの穴にワイヤーを通して棒がすっぽりと抜けないように細工してみましょう。

いかがでしたか?小難しく思えるWi-Fi接続も慣れれば簡単です!

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

以上、スタッフ城ヶ崎でした。

次頁 RKB毎日放送「今日感テレビ」にてBi Rodが紹介されました。