Bi Rodの使い方【カメラ取り付け編】

Bi Rod, Bi Rod スタッフブログ, 使用方法 -

Bi Rodの使い方【カメラ取り付け編】

こんにちわ。高所恐怖症のスタッフ城ヶ崎です。

カメラをBi Rodに取り付ける際に「あれ?うまく取り付けられないぞ?」ということがたまーにあります。そこで今回はそれぞれのカメラの取り付け方を解説してみようと思います。

まず大事なことですが、Bi Rodシリーズにカメラは付属していません。

お手持ちのカメラと組み合わせて使用することが出来ます。(※「見逃サーズ」シリーズには360°カメラが付属しています)

一般的なデジカメの取り付け方と必要なもの

特に必要なものはありません。Bi Rod付属の自由雲台にそのまま取付可能です。

デジタルカメラ

Goproの取り付け方と必要なもの

Bi Rodと組み合わせるカメラに「GoPro」を選ぶ方は多いかと思います。軽量なボディ、美しい画質、強力なスタビライザー付きでBi Rodにはぴったりなカメラですね。

しかしそんな完璧なGoProにも意外な落とし穴があるんです。それは、、、

 

Bi RodでGoProを使う時は、【マウント変換アダプター】が必要!

 普通のカメラは底部に三脚穴が空いているのでそのままBi Rodに取付可能なのですが、GoProにはもともと三脚穴が無いんです。

gopro

そこで必要になるのが 【変換アダプター】です。さきほどAmazonで調べたらサードパーティ品の安いものは258円でした。安い。

このアダプターをつければBi Rodに取り付けが可能となります。Goproと同形状のアクションカメラ、例えば「DJI Osmo Action」などもこの三脚アダプターが必要になります。

goproと三脚アダプター 

 

 

DJI Osmo Pocketの取り付け方と必要なもの

最近Bi Rodと組み合わせて使う方が増えているOsmo Pocket(オズモポケット)。このカメラにも三脚穴が無いので、別売りのアダプターを用意する必要があります。たとえばこんなの↓

osmo pocket

 

更に無線モジュールを取り付けるとリモート操作ができるのでBi Rodと組み合わせて使うなら「下部が空いているアダプター」がおすすめです。詳しい使用方法はこちらの記事で紹介しています→【撮影例】Osmo PocketとBi Rodの相性が最高だった

・・・ということでカメラの取り付け方法は以上となりますが、ここから先は番外編でございます。

Bi Rodは自由雲台を交換できます

Bi Rodには標準でHAKUBA製の自由雲台(カメラをくっつけて角度を変えたりするパーツ) が付属しています。これ↓

HAKUBA野自由雲台

高精度・高剛性から生まれるなめらかな操作性は、重量級のシステムにも余裕で対応。その名の通り自由に動いてピタッと止まり、動体から風景・静物までどんな撮影にも「使える」雲台です (amazon商品説明から引用)

この自由雲台でも十分に使えるんですが、もし、あなたが「更に洗練されたパワフルでクールな雲台」をお持ちであれば、交換してBi Rodに取り付けることも可能です。

いかがでしたか?

今回ご紹介した例のようにカメラの種類によっては直接Bi Rod に取り付けることが出来ないものがありますので、ご購入の前にお調べすることをおすすめします。

以上、スタッフ城ヶ崎でした!

_________________________

2019.11.5追記
取り付けたあとはいよいよ撮影!ということでBi Rodの使い方【Wi-Fi接続して撮影しよう】編を公開しました。

「撮影ってどうすればいいの?カメラの設定は?」とお悩みの方向けの記事ですので秋の夜長に是非お読みください。