14日間返品無料キャンペーン<詳しくはこちら>
0 カート
カートに追加しました
    この商品をカートに追加しました。
    1 個の商品をカートに追加しました。
      合計

      Bi Rod のブログ

      結局どれを買えばいいのかわからない。

      結局どれを買えばいいのかわからない。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      この形式結構面倒だな・・・

      そのまま文章を書くことにします。

       本 題 

      みなさん、高所撮影とか疑似空撮とかで色々と検索してくださっているようですね。

      本当にありがとうございます。

      実際のところ、たどり着いたはいいもののどれを買っていいのかわからないし、そしてよくわからない記号とか横文字が並ぶ製品名にうんざりしている方もいらっしゃるのではないのかと・・・

       

      たとえば下の写真のように

      Bi Rod 6G-7500

      Bi Rod 6C-7500

      これだけでなにがなんだか判断がつかないのではないかと思います。

      簡単に製品の型番の見方をご説明します。

      Bi Rod:これは商品名なのですべて共通です

      6G-7500「6」はロッドの本数を示しているので6本継ぎです。

      現在販売している商品の大半が6本継ぎです(一部4本継ぎもあります)。

      「G」という部分はロッド(長い棒のことです。以下ロッドで)の素材を明記していて

      G:グラスファイバー

      C:フルカーボン

      どちらかになります。

       そのため「Bi Rod 6C-7500」と記載されていますものは最長7.5m式のフルカーボンでできたロッドということになります。

       

      あ、あれ?長さの説明が抜けていましたね。

      7500→これは7.5mということなんです(7,500㎜です)。

       

      見方さえわかれば簡単ですね。

       

      さてここからが本当の本題なんですが、実際にお客様の声で非常に多いものが

      実際どの程度たわみますか?

      あと値段差が倍くらいですがグラスではだめですか?
       
           
      これに対してルミカの回答はただひとつなんです。
             

      フルカーボンを買ってくれ! 

       

       

       

       

      (・・・いえ、これには会社の意図とかそういうことではないんですよ。

       それくらいカーボン製品の機能が素晴らしいんです。)
       
      みなさんにご説明できるように動画を作成してみました。
      下の動画をご覧ください。

       

      どうですか?

      この動画を見ると実はグラスファイバーで事足りるのでは?と思われると思います。

      そうなんです!!!

      カメラの性能次第なんです!

      今回はGoPro HERO7を使用したため、かなりの手ブレ補正もあり動画などでは安定した撮影ができています。

      とは言え動画の途中にあったように少々風がふいた際や歩いた際の揺らぎの少なさに関してはカーボンが圧倒的なんです。

      そして、軽量(約200g)なんです!

      7.5mまで伸ばしてみるとこの200gの差がかなり大きく感じます。

      コントロールのしやすさからしても、スムーズな撮影アシストという点でもカーボンの強さを・・・(ちょっとくどい)。

       

      ここまで説明をさせていただきましたが結局どっちか悩んでしまうという方に朗報です!

      なんと当店はBi Rod メーカーなので、限定のキャンペーンございます!

      14日以内返品OKキャンペーンを行っておりますので動画を見てグラスでも大丈夫そうと思った方はぜひご購入いただき、ご返品OKです。

      きっとフルカーボンの良さに気づいていただけると思います(※自信あり)。

      ※ただしご使用いただく環境下(積載重量以上のカメラの積載や強風時など)次第ではカーボン製品でもかなり揺らぐことがございますのでその点ご理解ください。

       

      ぜひともこの機会にBi Rodを使って簡単空撮にチャレンジしてみてください。

      それではまた。

        
                                                     Bi Rod 6G-7500                   Bi Rod 6C-7500             Bi Rod 6C-7500+専用三脚セット  

      高所撮影用ロングロッド『Bi Rod』シリーズ用アクセサリー 『シリコン製スマホホルダー』新発売

      高所撮影用ロングロッド『Bi Rod』シリーズ用アクセサリー 『シリコン製スマホホルダー』新発売

      株式会社ルミカは2019年5月28日に、高所撮影用ロングロッド『Bi Rod』シリーズ用アクセサリーとして「シリコン製スマホホルダー」を発売いたします。

      本製品は、Bi Rodの先端に取りつけたカメラをリモート操作するためのスマートフォンを、Bi Rodに固定できる後付けのホルダーです。

      Bi Rodにスマートフォンを固定することでシャッター操作などが楽に行えます。

      シリコーンゴム製で伸縮に優れ、4. 5~6インチのスマートフォンまで対応、柔らかく衝撃への耐久性にも優れています。

      縦横にスマートフォンの向きを変えることができ、調整角度は45°ずつ、360°の回転が可能です。

      ベルトはサイズ調整ができるようになっているので、Bi Rodシリーズ以外にも自転車のハンドル部分などのサイズが異なるものにも取りつけてご使用いただくことが可能です。

      販売価格は1,800円(税別)。購入については、当ストアよりお問い合わせください。


      ■Bi Rod について

      『Bi Rod』シリーズはハイアングルから鳥瞰ショットを撮影できるロングロッド( 一脚) です。

      シリーズ最長の「Bi Rod 6G-7500( 材質:グラスファイバー)」「Bi Rod 6C-7500( 材質:フルカーボン)」は7.5 メートルの高さまで伸ばすことができます。

      Wi-Fi 機能付きカメラとスマートフォンやタブレットを使用することで、空中からの画像/ 動画の画角確認、リモート操作が可能です。

      また水中撮影用「Bi Wireless Line」( 別売) を使用することで、水中のリアルタイムでの映像確認および撮影も可能になります。


      ※「Bi」は株式会社ルミカの登録商標です。
      ※「Bi Wireless Line」は株式会社ルミカが特許登録している製品です。

      pdficon_largeプレスリリースはここからダウンロード(ルミカコーポレートサイトへ)

      高所撮影用ロングロッド『Bi Rod』シリーズ『Bi Rod 7500 専用三脚( 伸縮式)』新発売

      高所撮影用ロングロッド『Bi Rod』シリーズ『Bi Rod 7500 専用三脚( 伸縮式)』新発売

      株式会社ルミカは2019 年5 月24 日より、高所撮影用ロングロッド『Bi Rod』シリーズ専用のアクセサリーとして「Bi Rod 7500 専用三脚( 伸縮式)」の受注販売を開始いたします。

      本製品は7500 撮影用(7.5m)サイズのBi Rod 専用三脚で、撮影場所の固定やロッドの自立に使用できます。

      現在発売中の「Bi Rod 6G-7500 三脚セット」および「Bi Rod 6C-7500 三脚セット」に付属の専用三脚とは異なり、伸縮調整ネジによって各脚1本ずつ長さを変えることができるので、凹凸のある地面や斜面など、足場が平らでない箇所での撮影をアシストします。

      トップには水準器がついており、地面に対する傾斜を確認できます。販売価格は9,800 円( 税別) で専用のウレタンキャリングケースが付属します。

      購入については、Bi Rod 公式オンラインショップ「Bi Rod Store」の製品ページよりお問い合わせください。(https://www.birodstore.com/collections/accessory/products/tripod_adjuster)


      ■Bi Rod について

      『Bi Rod』シリーズはハイアングルから鳥瞰ショットを撮影できるロングロッド( 一脚) です。シリーズ最長の「Bi Rod 6G-7500( 材質:グラスファイバー)」「Bi Rod 6C-7500( 材質:フルカーボン)」は7.5 メートルの高さまで伸ばすことができます。Wi-Fi 機能付きカメラとスマートフォンやタブレットを使用することで、空中からの画像/ 動画の画角確認、リモート操作が可能です。また水中撮影用「Bi Wireless Line」( 別売) を使用することで、水中のリアルタイムでの映像確認および撮影も可能になります。


      ※「Bi」は株式会社ルミカの登録商標です。
      ※「Bi Wireless Line」は株式会社ルミカが特許登録している製品です。

      pdficon_largeプレスリリースはここからダウンロード

      Bi Rodにオススメのカメラいろいろ

      Bi Rodにオススメのカメラいろいろ

       「撮りたいな、高所撮影、ビーアイロッド」(字余り)

       

      こんにちは。俳句が趣味の城戸崎です。

      ということで、オススメのカメラを紹介していきますよ〜

       


      まずは一眼レフカメラ!

      やっぱり一眼レフカメラつけたいですよね。

      でも重いとね...揺れ、というか「しなり」がすごいんです。強風が吹いたら、冷や汗が止まらない。。。

      なにかあった際に弊社は責任は取れません。。・
      ※BiRodの耐荷重は公式では1kgとなっております。

      2018.8/21追記
      耐荷重は公式では
      2mタイプが1kg、4.5mタイプが500g、7.5mタイプが300g
      となっております。

      やっぱり軽いのがいいんです。ミラーレスとか。レンズも軽いのが良いです。

      BiRodグラスファイバーシリーズは正直しなりが大きいので、重めのカメラ載せるならフルカーボン製が良いですよ。

      2019.6.18追記 カーボン・グラスファイバー比較記事

      ちょっとお値段高いですけどその価値はあります。



      カーボン製でもMAX7.5メートルまで伸ばすと危険な雰囲気感じるので、
      5mくらいまで伸ばして使うとしなりが抑えられます!

       

      もちろんコンデジも軽いから扱いやすいですよ〜。スマホとWi-Fi接続できないと地上から操作できないので、そこは必須です。

       

       

      次。

       


      アクションカメラ!
      Go proとか。

       

      軽いから安心して振り回せますね。動画とかタイムラプスも高所から撮ると楽しいです。

      動画の場合、ブレが気になりますが最近のアクションカメラは手ぶれ補正が強力なのでなかなか使えます。BiRodスタンド三脚で固定すれば、さらに安定した撮影が可能です。

      防水モデルが多いのでWirelessLineをくっつけてBi Rodごと水中に突っ込めば面白い画がとれます。

       

       


      次にいきます。

      360度(全天球)カメラ!



      これもすごいオススです。リトルプラネットがさらにリトルになります。地上の撮影者も完全に映らなくなるので完全にフォトジェニックです。これも防水ハウジング付けて水中360度写真、映像とかも楽しいですね。

      水中撮影といえば以前作成した「THETA,Gopro,OSMOを使ったBiRod水中撮影(と空撮)作例動画」を置いておきます。


       

       

       


      次にいきます。



      dji OSMO~

      流行りのオズモ。Bi Rodの弱点、動画ブレちゃう問題がこれで解決


      撮影した映像見るとドローンで撮ったようにしか見えない!(ホント)
      すごい参考になる作例↓

      (ビデオサロン様ありがとうございます!)
      記事はこちら↓

      LiveEditingで行こう! DJI OSMO+ルミカBirds iRod 擬似空撮撮影のポイント


      擬似空撮っていうんですね〜。航空法申請不要!というのが良いですね。

      (しかし7.5m BiRodで使用する場合、耐荷重超えているような気がするので当社としては推奨はできません、あくまでも自己責任でお願い致します。)

       

      2019年8月追記 / DJI OSMOのミニサイズ版「Osmo Pocket」が登場したので使ってみました!!→【撮影例】Osmo PocketとBi Rodの相性が最高だった

      ま、オススメのカメラは大体こんなところでしょうか。いやぁ、高所撮影って本当にいいものですね。


      みなさん電線には本当に気をつけて、良い高所撮影ライフを!