Bi Wireless Line × カメラ 実証済機種一覧

Wi-Fiでのリモート撮影・モニタリングを水中でも可能にする水中撮影補助ケーブル「Wireless Line(ワイヤレスライン)」を使用して水中での通信結果を検証したカメラ機種の一覧です。

下記のカメラは実証済ではございますが、カメラメーカーの提供するファームウェアのアップデート、ご使用環境下などによって結果が異なる場合がございます。あくまでも目安としてご理解ください。

長さ20m~100mの特注サイズWireless Line(受注生産商品)は長さ6m/10mサイズのWireless Lineと異なる種類のケーブルを使用しています。そのためカメラとの相性により結果に違いが生じます。

○ 検証済み | 使用可能機種

GoProシリーズ

カメラ機種 推奨貼付け位置 備考

○ GoPro HERO5

レンズ右側側面

撮影中 : プレビュー可能(4K撮影時以外)
※Hero5 Seeisonは対象外

○ GoPro HERO6

レンズ右側側面

撮影中 : プレビュー可能(4K撮影時以外)

○ GoPro HERO7 Black

レンズ右側側面

撮影中 : プレビュー可能(4K撮影時以外)
6m、10mタイプ : 使用可能
20m~100m(特注)タイプ : 遅延や映像の途切れあり接続安定しない

△ GoPro HERO8

レンズ左側側面

※純正防水ハウジング「AJDIV-001」使用
撮影中 : プレビュー可能※撮影設定による
6m、10mタイプ : 遅延・映像の途切れあり接続安定しない
20m(特注)、50m(特注)タイプ : 遅延・映像の途切れあり接続安定しない
100m(特注)タイプ : 使用不可

△ GoPro HERO9

レンズ真裏の液晶左側側面

撮影中 : プレビュー不可
6mタイプ:使用不可
10m(特注)、20m(特注)タイプ:使用可能
50mタイプ:未検証

△ GoPro HERO10

レンズ真裏の液晶左側側面

撮影中 : プレビュー不可
6mタイプ:使用不可
10m(特注)、20m(特注)タイプ:使用可能
50mタイプ:遅延・映像の途切れあり、接続不安定

△ GoPro HERO11

レンズ真裏の液晶左側側面

撮影中 : プレビュー不可
6mタイプ:使用可
10m(特注)、20m(特注)タイプ:使用可能
50m(特注)タイプ:遅延・映像の途切れあり、接続不安定
100m(特注)タイプ:使用不可

※GoPro Hero9以降は撮影中のスマホでのモニタリング機能が利用できません。ただし、録画開始前のスタンバイ状態ではスマホからのプレビュー確認が可能です。(Hero8は撮影解像度設定よって撮影中のモニタリングも可能) 詳細はGoPro各機種の仕様をご確認ください。

その他機種

カメラ機種 推奨貼付け位置 備考

△ RICOH THETAシリーズ

本体背面レンズ下約3㎝

水中ハウジングケース「TW-1」では特注サイズ(20m~100m)のみ使用可 /
※ハードケース「TH-2」では使用不可

◯ JVC GZ-RX680

-

-

◯ SONY HDR-AS300

-

-

◯ Nikon key mission 360

-

特注サイズ(20m~100m)は特に相性よし

◯ Sports XDV360

レンズ左側側面

-

◯ Insta360 ONE X2

本体上部・レンズ横

6m、10mタイプ:使用可能
20m~100mタイプ:未検証

◯ JVC GY-TC100

レンズ左側側面

6m、10mタイプ:使用可能

✕ 検証済み | 使用不可機種

  • オリンパス Toughシリーズ
  • Nikon AW130
  • JVC GC-XA2
  • GoPro HERO5 session
  • キャノン iNSPiC REC

※GoPro Hero7シリーズはブラック以外のモデルは検証できておりません。また、ご使用環境下によりますのであくまでご参照まで。
※実証済ではないカメラに関しては当社ではわかりかねます。ご使用いただけない場合でも保証対象外・返品対象外となりますのでご留意ください。
※上記に記載のないカメラでのご使用情報をお持ちの方はぜひともご連絡ください。