14日間返品無料キャンペーン<詳しくはこちら>
0 カート
カートに追加しました
    この商品をカートに追加しました。
    1 個の商品をカートに追加しました。
      合計

      出展・掲載情報 — 出展レポート

      日本全国・世界各国のさまざまなシーフードが集まる
      「ジャパン・インターナショナル・シーフードショー 」出展レポート

      日本全国・世界各国のさまざまなシーフードが集まる <br>「ジャパン・インターナショナル・シーフードショー 」出展レポート

      株式会社ルミカは、2019年8月21(水)〜23(金)に東京ビッグサイト で開催された 
      ジャパン・インターナショナル・シーフードショー‎」に出展いたしました。 
      多数のお客様に弊社ブースまでお立ち寄り頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。 


      水中でも地上でも使用可能な「見逃サーズ」シリーズを展示いたしました。 手元のタブレットで操作しながら360°水中撮影や高所点検が可能です。 ロッドタイプのBi Rod見逃サーズ」は3m/4.5m/7.5mのラインナップをご用意しました。

       

      「Bi 見逃サーズ 30m」はUSBカメラを使用しているため、 水深30mまでリアルタイムに映像を確認できます。 明るさが不足する水中では、電池式のLEDライトを点灯することできます(※別売)。

      今回初登場の「Bi 見逃サーズ 4K LINE」 水中撮影用セットはスタビライザー機能搭載&高解像度のカメラがセットになっています。 専用アプリをスマホやタブレットにインストールしてカメラを操作します。

       

      魚体の観察、給餌の様子など簡易的にご使用いただけます。

       

      多目的ドーム「アイパオ」の枠組みに様々なアクセサリーを陳列しました。 また、ハイアングル撮影用一脚シリーズ「Bi Rod (ビーアイロッド)」も 合わせてご紹介いたしました。

       

      2019年最新カタログにはBi Rod (ビーアイロッド)」シリーズ を使って撮影された写真を多数掲載しています。

       

      撮影機材以外にも、ルミカの最新技術を使った開発商品などを展示。 緊急時に使用できる、自発光マーカー「サイリュームペイント」 ほか多数を陳列いたしました。


      Bi Rodシリーズは弊社運営のオンラインストア『Bi Rod Store』でお買い求めいただけます。

      サイリュームペイントは弊社運営のオンラインストア『ルミカの防災ストア』でお買い求めいただけます。

      商品についてのご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。 

      お問い合わせはこちら

      生産設備から社会インフラ、各種災害対策まで 「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2019」出展レポート

      生産設備から社会インフラ、各種災害対策まで 「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2019」出展レポート

      株式会社ルミカは、2019年7月24(水)〜26(金)に東京ビッグサイト で開催された 
      メンテナンス・レジリエンスTOKYO2019‎」に出展いたしました。 
      多数のお客様に弊社ブースまでお立ち寄り頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。 


      ルミカのブースにはハイアングル撮影用一脚シリーズ「Bi Rod (ビーアイロッド)」がすっくとび、 

      遠くからでもすぐ見つけることができました 

      360度カメラ一体型の撮影キット「Bi Rod見逃サーズ」は 

      3m/4.5m/7.5mのラインナップをご用意しております。

      付属のタブレットでモニタリングしながらリアルタイムで撮影内容を確認できます。 

      動画や写真を撮っておき、あとから見ることも可能です。 

      多目的ドームとして開発した「パオ」 

      今回はパオを赤い屋根の家に見立ててブースの一部に取り入れ 

      お客様にはロッドを使った屋根や屋根裏の点検作業を実際に体験していただきました。 

      パオの内部設置したロッドの先端のカメラ 

      地上7.5mの視点から会場をリアルタイムで映し出しています。 

      水中用「Bi 見逃サーズ30m 

      タブレットにカメラからの映像が映し出されています。 

      明るさが不足する水中では、電池式のLEDライトを点けることできます。 

      さらに、スタビライザー機能付きカメラを装備したNEWモデルなど 

      発売前の製品も参考出品いたしました。 


      Bi Rodシリーズは弊社運営のオンラインストア『Bi Rod Store』でお買い求めいただけます。

      商品についてのご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。 

      お問い合わせはこちら

      カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」出展レポート

      カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」出展レポート

      当社は、2019年2月28日(木)~3月3日(日)にパシフィコ横浜で開催された、カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)2019」に出展いたしました。
      多数のお客様に弊社ブースまでお立ち寄り頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。

      商品についてのご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。


       Bi Rodで探せ! ルミカの宝島伝説!

      ブース内ではクイズラリーを行いました。

      360度撮影可能な「Bi Rod見逃サーズ」で凶暴な恐竜の口の中を探索します。

      360度、口の中まで見逃しません。

      最大水深30mまで撮影可能な360度カメラセット「Bi見逃サーズ」で

      海底遺跡から答えを探し出します。

      新商品の「Bi Rod 9C-12000」シリーズ最長の12mサイズBi Rodです。

      遥か12m上空から天井に隠された答えを探し出します。

      見事すべての答えを見つけ出したお客様には、

      「長い棒の人の証」を贈呈いたしました!

      定番の『Bi Rod』シリーズも展示。
      長さは2m、4.5m、7.5mの3サイズ。

      Bi Rod専用ハードケースの新デザインを展示いたしました。

      Bi Rod用8m同軸ケーブルも参考出品いたしました。

      USB type C対応のカメラも有線接続でコントロールする事が可能です。

      Bi Rodで見た世界を展示。

      写真家 木村琢磨氏の地元岡山の景色を被写体にした作品は壮観です。

      ⏩木村琢磨氏によるBi Rod撮影作品はこちらでもご覧いただけます。

      アドベンチャーカメラマン 西川茂樹氏の南極写真は圧巻です。

      ⏩西川茂樹氏によるBi Rod撮影作品はこちらでもご覧いただけます。

       


      Bi Rod公式オンラインストア『Bi Rod Store』OPEN!

      Instagram
      @birod_lumica

      「フィッシングショーOSAKA 2019」出展レポート

      「フィッシングショーOSAKA 2019」出展レポート

      当社は2019年2月1日(金)~2月3日(日)にインテックス大阪で開催された釣りの一大イベント
      フィッシングショーOSAKA 2019』に出展いたしました。
      多くのお客様に、弊社ブースまでお立ち寄り頂きました。この場をお借りして御礼申し上げます。


      今年も大きなのドーム型ブース。入り口では華やかなドラァグクイーンの2人がお出迎え。

      ドーム型のブースの中にはさらに3つの小型ドームが立ち並びます。
      パオと呼んでいるこの小型ドームもルミカの製品。
      展示会用設備としてだけでなく、屋台や養殖池として、など幅広く活用できます。
      東北や熊本の震災の時には、仮設の施設として実際に使われました。

      パオ1【ろくでもない新商品開発館】
      ルミカの開発商品群を開発担当者が知恵を振り絞って展示いたしました。

      パオ2【おかしな魚植共生館】
      このパオの中では共存する生き物同士で循環が行われています。
      下では魚を養殖し、栄養と水を上の植物が吸い上げ、綺麗になった水を再び下の水槽に戻すしくみです。

      パオ3【マズい愛包ラーメン館】
      屋台をイメージして、ラーメンをご提供。トッピングはパオで育った美味しいネギを用意いたしました。
      マズい、というのは本当は人に教えたくないほど美味しいという意味です。

      【ステージ】
      ステージでは社員によるプレゼンも行い、製品の魅力をお伝えいたしました。
      写真(下)は注目の開発商品「ケミホタルペイント」のステージ。
      棒形状のケミホタルが、「液状」で使えるようになることで、
      より幅広い活用ができるように開発をすすめています。

      そのほか
      ルミカの代名詞「ケミホタル」「ルミコ
      豊富な種類で使い分けができる「LED集魚ライトシリーズ
      タチウオやヒラメなどに効果的な仕掛け「寄ってこいシリーズ
      臭いで誘う「プニイカシリーズ」をはじめ
      新商品の電気ウキ「烈光」や
      音や光を組み合わせたメタルジグ「メタルジャッカーシリーズ」など
      をご紹介いたしました。



      ルミカ 釣具HP

      ルミカ公式Facebook「LUMICA/Xtrada

      商品のご購入は「ルミカショップ

      「国際放送機器展 INTER BEE 2018」出展レポート

      「国際放送機器展 INTER BEE 2018」出展レポート

      当社は、2018年11月14日(水)~16日(金)に千葉県・幕張メッセで開催された「国際放送機器展 INTER BEE2018に出展いたしました。 多数のお客様に、弊社ブースまでお立ち寄り頂きました。この場をお借りして御礼申し上げます。  


      水深30mを360°撮影で撮影可能な「Bi 見逃サーズ30m」。

      防水カメラ、防水LEDライト、撮影用モニター、USB巻取りドラムがセットのオールインワン商品なのですぐに撮影が可能。

      水中様子をVR体験できる「リモコン付きゴーグル」(参考出品)。

      先端にカメラ以外の装備を装着な可能な「二股ブラケット」(参考出品)。

      おもり内蔵「高輝度12V 強力防水LEDライト」。

      Birodと360°リアルタイムモニタリングを融合した「Bi Rod見逃サーズ」シリーズ。

      価格は、3mタイプ:55,000円(税別)

      4.5mタイプ:65,000円(税別)

      7.5mタイプ:110,800(税別)

      2019年春発売予定です。

      また、ブースでは、新デザインレンズクロスと、Birodストアで使用可能なクーポンを配布いたしました。

      ※配布しましたクーポンは12月末までご使用可能となります。お早めにご使用ください。


      Bi Rod公式オンラインストア『Bi Rod Store』OPEN!